6/12/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんばんは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

今日は、眼瞼下垂の手術の日でした。

並行して、濱田先生が外来をされていました。

ふたりが分院にそろうのは比較的めずらしいので、

写真を撮りました~。

現在は、

濱田先生⇒医療法人理事長、本院の院長

福岡⇒分院の院長

という関係ですが、

もともとは、東大病院では

濱田先生⇒オーベン

福岡⇒ネーベン

でした。

「オーベン」というのは、上級医、指導医のことで

上という意味のドイツ語obenからきているそうです。

「ネーベン」は研修医のことです。

現在の東大眼科では、研修医の先生は

専門外来のグループをまわって、

たくさんの先生にそれぞれの専門について

教えてもらう形をとっていますが、

私...

6/8/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

私の東大医学部時代の同級生が
本を出版されました。

東大病院放射線科医師

前田恵理子さんが書かれた
『Passion (パッション)
〜受難を情熱に変えて〜 PART 1』

です。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4909888004/ref=cm_sw_em_r_mt_awdo_p5G9CbDHJH1N8 


学生時代から重症の喘息をかかえながらも
医師になり、
東大病院の放射線科医として大活躍され、
ご結婚、出産、
その後に肺ガンを自ら診断し、
現在も仕事をしながら闘病されています。

病気があるからできないこともあるけど...

6/8/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

大宮はまだ眼科西口分院の

2019年7月の土曜日の診察担当医が変更になりました。

 7月20日 戸塚清人医師(さいたま赤十字病院 副部長)

 7月27日 高本光子医師(さいたま赤十字病院 部長)

どうぞよろしくお願いいたします。

担当医カレンダー随時更新しております。

お手数ですが、ご確認ください。

担当医カレンダーはこちら

6/6/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

お子さん、若い方の近視が年々増えてきています。

最近の統計では、高校生の6割以上、中学生の5割以上、

小学生の3割以上が視力1.0未満であると

報告されています。

(文部科学省 平成29年度「学校保健統計調査」)

近視の程度が強い「強度近視」の有病率は、

40歳以上で5%程度と推定され、

強度近視は、失明原因の一つとなっています。

以前から、近視には遺伝が関係すると考えられていましたが、

遺伝だけでなく生活習慣も関わることがわかってきています。

両親が近視でも、1日2時間以上屋外で過ごす子は近視になりにくく、

屋外で過ごすことが近視の予防になるということです。

しかし、最近では、子どもたちが

外遊びやスポーツをする時間...

5/29/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

大宮はまだ眼科西口分院の

インスタグラムを始めました。

https://www.instagram.com/omiya_hamada_eye_west/

@omiya-hamada-eye-west

もしくは、

🔍大宮はまだ眼科西口分院

で検索してください。

クリニックのホームページとともに、

どうぞよろしくお願いします。

5/25/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんにちは

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡 詩麻です。

今日は眼の話からすこしはなれて、

アドラー心理学講師 小林明日香さんの

アドラー心理学と音楽の融合の動画をみて、

朝から、心がとってもとってもあったか~く♡なったので

ご紹介させていただきます。

2019年4月に新潟で行われた

「オペラ×アドラー心理学講座

音楽とアドラー心理学の融合

心を満たす 自分へのごほうび時間」の中の、

自己受容についてのお話です。

自己受容とは、

ありのままの自分を受け入れる」ということです。

去年から、アドラー心理学を学びはじめた私ですが、

いまひとつ、”ありのまま”がわかったようで、

わからないような気がしていました。

小林明日香さんの動画を...

5/14/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

「目薬をさしてもさしても

目がかわきます」という

ドライアイの患者さんが

いらっしゃいます。

きいてみると、

目薬を1日10回も20回も

人によっては5分おき!に

点眼しているのに

目が乾いてつらいということです。

こんな方の

ドライアイの一番の原因は、

残念なことに、

目薬のさしすぎだった

ということがよくあります。

自分の目に一番やさしいのは、

自分の涙です。

まばたきをすると、

自分の涙が出て、目の表面を守ってくれます。

涙の水分が涙腺から出るだけでなく、

マイボーム腺から涙のあぶらも出てきて

涙の蒸発をふせいでくれています。

ドライアイ治療薬の目薬の役割は、

従来は、外から足りな...

5/13/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

春には多くの小・中学校・高校で「学校健診」が行われます。

学校健診にて眼科の受診を勧められたら、

学校から渡される受診結果を書き込む用紙を必ずお持ちください

診察の結果をそちらの用紙に記入させていただきます。

学校健診の用紙への結果の記入は無料です(通常の診察代のみ)。

※予約の必要はありません。

視力の異常

学校の健診では学業への影響があるかどうかを短時間で検査するために、視力検査を 「1.0」、「0.7」、「0.3」の3指標で判定する370方式と呼ばれる方法が採用されています。

A(1.0以上)     教室の一番後ろの席からでも黒板の文字を楽に読めます。
B(1.0未満、0.7以上) 教室の真中より...

5/9/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。

今年度から、さいたま市の小学校と中学校の

学校医をつとめさせていただくことになりました。

たくさんのお子さんの目の健康を守る

お手伝いをさせていただけることがうれしいです。

学校健診で目の異常を指摘されたら、

早めの眼科受診をお勧めします。

健診結果の用紙をお持ち下さい。

予約の必要はありません。

⇒学校健診について、

 詳しくはこちらをご覧下さい。  

健診にむかう日の朝、富士山がきれいにみえました〜。

(2019/5/14)

4/25/2019

大宮はまだ眼科 西口分院/

Please reload

お知らせ
アーカイブ
Please reload

タグ

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214