インスタはじめて2カ月 閲覧数1位の記事

こんにちは。 大宮はまだ眼科西口分院の 福岡詩麻です。 クリニックのインスタグラムをはじめて 2カ月がたちました〜! https://www.instagram.com/omiya_hamada_eye_west/ 自分のインスタアカウントすら持っていない 完全初心者状態からの出発でした。 2カ月で50個投稿して、 一番人気の投稿は、 なんと、760回も閲覧していただきました〜! どうもありがとうございます! ! ということで、当クリニックの インスタ閲覧数1位の記事はこちら… ============================== はやり目がけっこう流行っていますので、ご注意下さい! ・ はやり目(流行性角結膜炎)は、 アデノウイルスによる感染力が非常に強い結膜炎です。 ・ アデノウイルス検査で陽性と出ている写真です。 ・ 検査の流れ ①点眼麻酔をします ②綿棒でまぶたの内側をこすります ③綿棒を抽出用チューブ(写真手前)に入れます ④テストプレートに滴下します(写真中央) ⑤15分待ちます ⑥判定の棒がCだけに1本でたら陰性、CとT2本にでたら陽性です ・ 強い充血、たくさんのメヤニ、涙目などの症状が出たら、 すぐに眼科に受診してください〜!! ============================== 大宮はまだ眼科西口分院のこと、 眼の病気のことを中心にupしています。 ホームページとともに、どうぞよろしくおねがいいたします https://www.instagram.com/omiya_hamada_eye_west/

オルソケラトロジーのレンズ

こんにちは。 大宮はまだ眼科西口分院の 福岡詩麻です。 オルソケラトロジーのレンズは、 一見すると普通のハードコンタクトレンズのようですが、 中央がやや平らになった特殊なデザインになっています。 夜、寝ている間にオルソケラトロジーのレンズを装用すると、 角膜(黒目)の中央をやや平らに変形する効果により、 近視を矯正することができます。 角膜の変形は、しばらくの間保たれますので、 日中、裸眼で過ごすことができます。 オルソケラトロジーの 適応検査、体験治療をご希望の方は、 お電話でご予約ください。 オルソケラトロジー治療について、 くわしくはこちらをご覧ください。 #オルソケラトロジー #診療案内 #近視 #コンタクトレンズ

2019年8月土曜日の担当医変更

大宮はまだ眼科西口分院の 2019年8月土曜日の診療担当医師が変更になりました。 8月24日 高本光子医師 8月31日 戸塚清人医師 担当医カレンダー随時更新しております。 ご確認ください。 インスタでもお知らせしています。 @omiya-hamada-eye-west もしくは、 🔍大宮はまだ眼科西口分院 クリニックのホームページとともに、 どうぞよろしくお願いします。 #診療案内 #担当医変更

8、9月の臨時休診予定はありません お盆も診療いたします

大宮はまだ眼科西口分院は 2019年8月・9月中、 臨時休診の予定はありません。 お盆も通常通り診療いたします。 祝日は休診とさせていただきます。 各日の診療医師については、担当医カレンダーをご確認ください。 #休診日 #診療案内

涙のあぶらが増える目薬

こんにちは。 大宮はまだ眼科西口分院の 福岡詩麻です。 私は、涙のあぶらについての臨床研究をしています。 このたび、ジクアホソルナトリウム点眼液(ジクアス®)がマイボーム腺機能不全をともなうドライアイ眼の涙のあぶら(涙液油層)に与える効果についての研究が、Scientific Reportsという科学誌に掲載されました! Tear film lipid layer increase after diquafosol instillation in dry eye patients with meibomian gland dysfunction: a randomized clinical study. Fukuoka S, Arita R. Sci Rep. 2019 Jun 24;9(1):9091. doi: 10.1038/s41598-019-45475-7. 眼の表面を守っている涙は、水分と油層とムチンから構成されています。 ジクアホソルナトリウム点眼液(ジクアス®、参天製薬)は、涙の水分やムチンを増加させる効果があり、ドライアイの目薬として使われています。 以前に、正常眼の方々に ジクアホソル点眼液を1回点眼したところ、点眼60分後まで点眼前よりも涙のあぶらの厚みが増えていたということを論文で報告しました。 涙のあぶらは、まぶたにあるマイボーム腺から分泌されています。 今回、マイボーム腺機能不全をともなうドライアイ患者の方々の片眼に人工涙液、反対目にジクアホソル点眼液を点眼してくらべる研究を行いました。 ★点眼60分後まで点眼前よりも涙のあぶらの厚みが増えていまし

7月3日 なみだの日

こんにちは。 大宮はまだ眼科西口分院の 福岡詩麻です。 7月3日は、なみだの日です。 まばたきするたび 少しずつ少しずつ、なみだがでてきて 私たちの目を守ってくれています。 なみだが目の表面をおおっていることで、 目の乾燥をふせいだり、 感染から目を守ったりしているだけでなく、 きれいにものが見える表面レンズの役割もしています。 なみだは水とあぶらとムチンでできています。 なみだの水は、涙腺から なみだのあぶらは、マイボーム腺から ムチンは目の表面の細胞から 分泌されています。 スマホやパソコンを 真剣になってじ〜っと見ていると、 まばたきが減ってしまいます。 目が乾いたなあ、疲れたなあと思ったら、 しっかりまばたきしてあげてください。 目をあたためたり、 身体をあたためたり、 あくびをしたり、 笑ったりしても なみだが出やすくなります。 足りないなみだをおぎなう目薬や、 自分のなみだの成分を増やしたりする目薬もあります。 なみだの不調を感じたら 眼科でご相談ください。 もっと詳しく知りたい方は⇒なみだの日のホームページ 今朝、雨上がりのアガパンサスがきれいでした。 インスタもやってます。 @omiya-hamada-eye-west #大宮はまだ眼科西口分院 #ドライアイ #診療案内 #マイボーム腺機能不全

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214