• 福岡詩麻

日本眼科学会総会 発表


2016年4月7日~10日に、仙台で行われた日本眼科学会総会で、「マイボーム腺機能不全に対するLipiFlow®無効例に対する追加LipiFlow®治療の効果」について、発表させていただきました。

マイボーム腺機能不全は、マイボーム腺というまぶたにある腺の機能が低下することによって、涙の油の分泌が足りなくなり、ドライアイの主な原因となることが知られています。

LipiFlow®(TearScience)はマイボーム腺機能不全に対する新しい治療法で、まぶたを温めて油をとかしながら同時にマッサージして圧出する機械です(当院にはLipiFlow®はございませんので、ご紹介になります。また、保険適応はございません)。

ご自宅でもできるマイボーム腺をあたためる方法(温罨法、おんあんぽう)としては、あずきのチカラ(桐灰)や、蒸気でホットアイマスク(花王)などがドラッグストア等で販売されています。


(一部改訂2017/8/9)

#学会研究 #ドライアイ #マイボーム腺機能不全 #目の病気について

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214