top of page
検索
  • 福岡詩麻

糖質制限は糖尿病網膜症にもいいのでしょうか?


こんにちは

大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。

「糖質制限は、糖尿病網膜症にもいいのでしょうか?」

これは、患者さんからいただいたご質問ではなく、

私自身が知りたいことです。

現在の糖尿病の治療法、

食事療法・運動療法・薬物療法のうち

現在病院で一般的に指導されている食事療法は、

「カロリー制限」です。

低カロリー・低脂肪の食事で、

総エネルギー(カロリー)の50~60%を炭水化物、

タンパク質は20%まで、脂質は25%以下とすることが推奨されています。

ブームをこえて、

最近では毎日のように目にする言葉になった

「糖質制限」は、

血糖値を直接上げる食べ物=糖質(炭水化物)をひかえて、

食後高血糖をふせぐ食事法です。

ご飯やパンなどの主食を食べないようにして、

糖質(炭水化物)の摂取を減らし、

かわりにタンパク質・脂肪でカロリーをおぎないます。

※糖尿病で薬物治療中(経口血糖降下薬やインスリン )の方、

腎臓疾患、肝臓疾患、膵臓疾患などで治療中の方は、

糖質制限をはじめる前に、

必ず主治医の先生と相談してください。


治療法の進歩により、減ってきているとはいえ、

糖尿病網膜症は

日本における成人の中途失明の原因の第3位です。

(平成28年度)

糖尿病網膜症の予防・治療の基本は、

血糖コントロールをしっかり行うこととされています。

しかし、すでに糖尿病網膜症を発症している場合、

急激に血糖を下げると、

糖尿病網膜症が一時的に悪化することが報告されています。

実際には、ゆっくりHbA1cを下げるというのは

意外に難しいようで、

無治療の糖尿病の患者さんが、

しっかりまじめに従来のカロリー制限と薬物治療をはじめると、

急激にHbA1cが改善して、

糖尿病網膜症が悪化してしまうことがよくあります。

せっかく血糖がよくなっても、

「失明予防のためにレーザーなどの治療が必要です」

「さらに悪化した場合には、硝子体手術が必要になるかもしれません」と

患者さんにお話しなくてはならないことが

たびたびありました。

糖質制限と糖尿病網膜症について調べてみると、

夏井睦先生のブログ 新しい創傷治療

糖尿病網膜症が糖質制限で改善した写真が掲載されています。

江部康二先生のブログ ドクター江部の糖尿病徒然日記にも

の例が紹介されています。

の記事には、

血糖コントロール不良期間が数年以上あると

糖質制限食開始時にはすでに、網膜症が進行していて、

手術が必要になることもあるので、

糖尿病と診断された早い時期に、

定期的に眼科健診をすることが

大事であることが書かれています。

当院の患者さんでも

HbA1c 10%以上から

自分で調べて

自分の意思で食事をかえて

糖質制限を行い

数ヶ月で急激に血糖改善しましたが、

糖尿病網膜症を発症していない方が

いらっしゃいます。

すでに糖質制限を始めている方、

これから糖質制限をはじめようかなという方、

がいらっしゃいましたら、

眼底の経過をみせてください。

「糖質制限は、糖尿病網膜症にもいいのでしょうか?」

の答えを一緒に確かめたいのです。

あなたの眼の健康を守るお手伝いをさせてください。


福岡(院長)の診療担当日は、担当医カレンダーをご確認ください。

※糖尿病網膜症の眼底検査の際は、散瞳が必要です。

時間に余裕を持って、ご自分で乗り物の運転はしないで来院してください。

⇒散瞳検査についてはこちらもご覧ください

閲覧数:1,365回

最新記事

すべて表示
bottom of page