• omiyahamada.gmail.com

角膜カンファレンス2019 発表


こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

2019年2月7~9日にウェスティン都ホテル京都で行われている

角膜カンファレンス2019で

『平戸度島スタディ(MGD検診):

食品摂取量とマイボーム腺機能不全』

について、発表させていただきました。

秋の臨床眼科学会 に引き続き、

食事とマイボーム腺機能不全についての内容です。

オメガ3を多く含む食品(例えば魚)をたくさん食べる人は、

マイボーム腺機能不全が少ないという結果を期待しましたが、

今回の検討では、魚をたくさん食べる人と

少ししか食べない人では、

マイボーム腺機能不全である方の割合には

差がありませんでした。

長崎県平戸市度島在住の方を対象としているので、

もともと皆さん、たくさんオメガ3を食べているから

差が出なかったのかもしれないです。

食事と病気の関係は、

患者さんも、眼科の先生方も

知りたいところだと思いますので、

引き続き発表していく予定です。


    ↑

   学会ホテルロビーではお雛様が飾られていました〜。

   春はすぐそこですね〜。

学会の同じセッションの

内田美樹先生(慶應大)のご発表で、

ドライアイの患者さんで、

治療効果が感じられず、

受診の時間もかかるので、

症状があるのけれども

通院をやめてしまっている患者さんが

たくさんいるという

お話がありました。

藤本敬一先生(順天堂大学)のご発表では、

ドライアイの自覚症状が強いほど、

抑うつ症状が強くなるとのことでした。

2016年に改訂された新しいドライアイ診断基準で

これまでよりさらに

自覚症状があるのがドライアイだと強調されています。

角膜(黒目)のキズがあるかないか、よりも

患者さんの自覚症状があることのほうが大事だ、

ということです。

患者さんご自身が

治療が効いている!

治療や通院に意味がある!

目が楽になった!

いっしょに心も楽になった!

と思えるような

診療をするには

どうしたらいいかなと考えながら、

新幹線で帰る途中です。

今回の学会も短時間の参加ではありましたが、

たくさんの学びがありました。

#学会研究 #マイボーム腺機能不全 #ドライアイ #目の病気について

0回の閲覧

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214