検索
  • 福岡詩麻

涙のあぶらってなんですか!?〜ドライアイは涙の水不足だけではありません

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。




「涙のあぶら」ってなんですか!?

「涙のあぶら」が薄くなると

どうなってしまうのですか!?

という

ご質問を

いただきましたので

おこたえします。

涙は

目の表面を

守ってくれています。

涙は水だけでなく

あぶらとムチンから

できています。

目の表面に広がる

涙のうち、

水の厚みが99%ですが

1%の厚みの

あぶらの層が

水の上に

うす〜く浮かんでいることで

涙の蒸発を防いでくれています。

水が足りなくても

ドライアイになりますが、

あぶらが足りなくても

ドライアイになります。

涙のあぶらの厚みが

薄くなると、

水分が蒸発しやすくなって

目が乾いてしまいます。

涙が目の表面で

安定した状態を保つには、

水とあぶらの

バランスが大切なのです。

水が足りなければ

水を増やす治療

あぶらが足りなければ

あぶらを増やす治療を

行うことが効果でです。

ドライアイで目がつらい方は、

まずご自分が

水の足りないタイプなのか

あぶらの足りないタイプなのか

両方足りないタイプなのか

ドライアイや

マイボーム腺機能不全専門の眼科で

診てもらってくださいね。

#目の病気について

#ドライアイ

#マイボーム腺機能不全


閲覧数:134回

最新記事

すべて表示