医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

  • 福岡詩麻

加齢黄斑変性予防とサプリメント


「眼にいいサプリメントはありますか?」「黄斑の病気??」とのご質問をうけることがありますので、加齢黄斑変性予防とサプリメントについてお話させていただきます。


加齢黄斑変性は、欧米では失明原因の第1位で、日本でも高齢化と生活の欧米化により増加しており、視覚障害者手帳を交付された方の原因の第4位となっています。50歳以上の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。加齢黄斑変性になると、黄斑(網膜の中心)が障害され、ゆがみが出てきて、真ん中が見えなくなり、視力が低下します。

加齢黄斑変性の予防としては、(1)禁煙、(2)紫外線予防、(3)食事、(4)サプリメントがあります。

(1)禁煙

喫煙している方は、していない方に比べて加齢黄斑変性になる危険が高いことがわかっています。禁煙外来を受診するなどして、禁煙することが大事です。


(4)紫外線予防

太陽光の中の青い光や紫外線は網膜にダメージを与え、加齢黄斑変性になりやすくなります。帽子やサングラスを日ごろから活用していただくとよいです。


(2)食事

緑黄色野菜など抗酸化物質を多く含む食事は、加齢黄斑変性の発症を抑えると考えられています。

下の表の食材をとると予防効果があるといわれています。



(3)サプリメント

AREDSという米国の大規模な臨床研究により、ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、亜鉛などを含んだサプリメントを飲むと、加齢黄斑変性の発症と視力低下のリスクが少なくなることがわかりました。その後のAREDS2という研究で、βカロテンの変わりにルテイン・ゼアキサンチンを含んだサプリメントも加齢黄斑変性の予防に有効であることがわかりました。すでに一方の眼に加齢黄斑変性を発症した方には、反対の眼を守るために、サプリメントの内服が強く勧められています。まだ加齢黄斑変性を発生していない方でも、眼底検査でその徴候がみとめられるような方は、サプリメントを内服することが勧められます。


加齢黄斑変性の予防のためには、眼の健康のために、まずは禁煙や食生活の見直し、紫外線予防をしていただき、そのうえで、サプリメントを取り入れていただくとよいと思います。早期発見、早期治療が大切ですので、視野の中央のゆがみやみづらさがある方は早めに眼科を受診してください。自覚症状がなくても、50歳を過ぎたら、眼底検査を受けていただくと、加齢黄斑変性の前段階(ドルーゼンや網膜色素上皮の色素ムラなど)の早期発見につながります。

眼底検査ご希望の方、眼のためのサプリメントについて、より詳しく知りたい方は、医師またはスタッフにご相談下さい。

*当院では、抗VEGF療法やPDT療法は行っておりません。診察の上、専門的な治療が必要な場合は、ご紹介させていただきます。

#目の病気について #検査