• 福岡詩麻

子どもの近視

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。


お子さん、若い方の近視が年々増えています。裸眼視力1.0未満の小学生が約3分の1、10年前より5%増え、40年前の倍になっているということです。(学校保健統計調査より)


近視は、近くのものははっきり見えますが、遠くのものが見えにくい状態です。

見づらくなっていても、徐々になので、お子さん自身では見づらさに気づいていないことがよくあります。


メガネをかけると、よけい目が悪くなりますか?とご相談されることがありますが、目にあったメガネでは、目は悪くなりません。見やすくなって、目が楽になります。



お子さんが、目を細めたり、見づらそうにしていたら、早めに眼科に行って検査を受けることをお勧めします。




大宮はまだ眼科西口分院では、目の状態、ご希望にあわせて、近視に対するアドバイスや治療を行なっています。


◎両眼視簡易検査器 (ワック)

低濃度アトロピン点眼 (近視進行予防の点眼)

◎眼鏡処方

◎コンタクトレンズ処方 (当院では中学生以上)

オルソケラトロジー (昼間は裸眼ですごすナイトレンズ)



近視進行をおさえるための新しい研究では、外に出て、太陽のバイオレットライトをあびるとよいとか、クチナシの色素のクロセチンが効果があるなどと言われて、注目されています。

研究が進んで、視力障害につながるような病的近視(非常に強い近視)への予防ができるようになることを期待しています!



#小児眼科 #健診

#近視 #近視進行予防

#低濃度アトロピン

#眼鏡

#コンタクトレンズ

#オルソケラトロジー

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.