• 福岡詩麻

アレルギー性結膜炎と食事中の脂質~日本眼科学会発表


こんにちは

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

2019年4月18~21日に、

東京国際フォーラムで行われた

日本眼科学会総会で、

「平戸度島スタディ(MGD検診):

脂質・n-3、n-6系脂肪酸とアレルギー性結膜炎との関係」

について発表させていただきました。

秋の臨床眼科学会、年明けの角膜カンファランスに続き、

目の病気と食事についての内容です。


このところアレルギー性疾患が増えているのは、

食習慣の変化により、

オメガ6(n-6系脂肪酸)のとりすぎと

オメガ3(n-3系脂肪酸)の不足が

関係しているのではないかという説があります。

オメガ3がたくさん含まれる食品は、

α-リノレン酸がエゴマ油や亜麻仁油、

EPAやDHAが青魚の油などです。

オメガ6のリノール酸は、

大豆油、コーン油などに多く含まれています。

リノール酸はヒトの体内で合成できない必須脂肪酸ですが、

摂取不足よりは摂取過剰のことのほうが多いです。


これまで、日本やドイツで

アレルギー性鼻炎+結膜炎や花粉症と

食事との関連について調べた研究が報告されていますが、

アレルギー性結膜炎のみと食事との関連について

調べた研究はありませんでした。

今回のわたしたちが調べた結果では、

平戸市度島の住民の方で

オメガ6やオメガ3をたくさん食べる人と

少ししか食べない人を比べたときに、

アレルギー性結膜炎である方の割合には

差がありませんでした。

食生活が欧米化しているとはいえ、

日本人は、欧米人よりたくさん魚を食べており、

そのたくさんオメガ3を摂取しています。

そのため、今回の結果では

差がでなかったかもしれないです。

食べたもので身体はできています。

病気になってから治すのも大事ですが、

病気になる前の予防はもっと大事だと思います。

目の病気と食事との関係を学ぶことで

みなさんの病気の予防と改善に

役立つことが知りたいと思っています。


#学会研究 #目の病気について #アレルギー

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.