検索
  • 福岡詩麻

オンラインセミナー 霰粒腫の「切らない」治療

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。

先週

クリニックの外来後に、


東大病院眼科 角膜外来の

オンラインセミナーで

霰粒腫の「切らない」治療

のミニレクチャーを

させていただきました。


東大の先生方むけの

オンラインセミナーで

お話するのははじめてで

最初

ちょっとドキドキしましたが、

霰粒腫の切らない治療、

とくに

ステロイド注射についての

ご意見やコメントを

たくさんいただき

先生方に

ご興味もっていただけたこと

うれしかったです。

「霰粒腫、切る場合と

ケナコルト注射の成績に

差がないエビデンス、

勉強になりました。

どちらも正解ということで、

患者の好みで

治療するというのが

良さそうですね」

と、

座長の宮井尊史先生

(東大病院 准教授)からも

セミナー後に

メッセージいただきました。

今回の

オンラインセミナーは

若手の先生むけとの

ことでしたが、

40名ほどの

先生方がご参加され、

研修医のころから

ご指導いただいてきた先生方にも

聴いていただくことができました。



ご参加くださった先生方

どうもありがとうございました!


霰粒腫の

切る治療

切らない治療


どちらもそれぞれ

よいところがあります。



選択肢が増えることで、

患者さんの具合やご希望に

合わせた治療を行う

参加にしていただけましたら幸いです。








鈴木崇先生

(東邦大学医療センター大森病院 准教授、

いしづち眼科)

の特別講演では

"MGD診療のリアルワールド"

(MGDは

マイボーム腺機能不全のことです)

白川理香先生

(東都文京病院)

のミニレクチャーでは

"麦粒腫の「切らない」治療"

についてのお話がありました。

さっそく

翌日から

自分のクリニックの

治療や処方を見直す

よい機会になりました!

#霰粒腫

#目の病気について

#学会研究

#勇気づけ


閲覧数:155回

最新記事

すべて表示