• 福岡詩麻

第18回日本角膜学会 学術奨励賞を受賞いたしました

こんにちは。 大宮はまだ眼科西口分院 院長の福岡詩麻です。


このたび、

第18回 日本角膜学会 学術奨励賞を受賞し、


本日、 2021年2月11日(木)

角膜カンファランス2021

受賞記念講演をさせていただきました。



今年もWEB開催の学会となり、

講演は、zoomでのLIVE配信となりました。






研修医のころから続けてきた研究、


とくに LIME研究会での臨床研究を 評価していただきましたこと、


大変光栄に思っております。





この賞を いただくことができましたのも、


有田玲子先生をはじめとする

LIME研究会の先生方、

研修医時代からご指導いただきました 東京大学医学部附属病院眼科の先生方、


研究に参加してくださった方々、


そのほか多くの方々の ご支援のおかげです。


深く感謝申し上げます。




そして、 私が分院院長をしながら 研究を行うことを

こころよく応援してくださっている 濱田直紀理事長にも


この場をおかりして、

御礼申し上げます。



濱田先生 いつもどうもありがとうございます。






この賞は、

有田先生をはじめとする LIME研究会の先輩の先生方、


東大病院時代・留学中に 大変お世話になりました 臼井 智彦先生 (国際医療福祉大学 主任教授) 当院開院時に 非常勤にいらしていただいた 堀 純子先生

(日本医科大学 教授 日本医科大学多摩永山病院 部長) も受賞されたことのある 栄誉ある賞であり、


喜びとともに 身の引き締まる思いです。


私は東大眼科の先生方と一緒に、 2004年から

無痛無汗症という難病の患者さんの 検診会に参加しています。


>>無痛無汗症の検診会の記事一覧




その検診会を通じて、 マイボーム腺の研究をされている

有田玲子先生に出会いました。




マイボーム腺は 涙のあぶらを分泌して、 涙の蒸発をふせいでくれています。




大宮はまだ眼科西口分院に 院長として勤めはじめる 少し前から、


有田先生の研究のお手伝いをはじめ、

その後、 LIME研究会の先生方とともに

「涙のあぶら」の研究を させていただくことになりました。





これまでの主な研究の記事


>>涙のあぶらが増える目薬


>>食事とマイボーム腺機能不全には関係がある!平戸度島スタディ




LIME研究会の先生方と (2018年臨床眼科学会にて)

写真後列左から

鈴木崇先生(東邦大学医療センター大森病院)

溝口尚則先生(溝口眼科)

森重直行先生(大島眼科病院)


前列左から 川島素子先生(慶應大学)

高静花先生(大阪大学)

有田玲子先生(伊藤医院、LIME研究会)

白川理香先生(東京大学)

福岡






これからも マイボーム腺やドライアイなど 涙の異常がもとでお悩みの

患者さんの目が楽になりますよう、

患者さんの笑顔が増えますよう、

マイボーム腺関連疾患の病態の解明と 治療の効果を評価する研究を


LIME研究会の先生方とともに 続けてまいります。




そしてその研究成果を、 日々の診療にいかすとともに、


みなさまにも お伝えしていきたいと思います。




今後とも、 どうぞよろしくお願いいたします。










#学会研究

#マイボーム腺

#マイボーム腺機能不全

#無痛無汗症

#ドライアイ

119回の閲覧