• 福岡詩麻

ドライアイ・マイボーム腺機能不全の方におすすめのYouTube〜診断編

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。






ドライアイの目薬をしてるのに、

なかなかよくならなくて

困っていませんか?






ドライアイは

大きくわけて

ふたつのタイプがあります。



あなたのドライアイは

どのタイプかご存知ですか?










ドライアイには



⚫︎涙の水が足りないタイプ

=涙液減少型ドライアイ



だけでなく、



⚫︎涙のあぶらが足りないタイプ

=涙液蒸発亢進型ドライアイ



があります。









ふたつのうち多いのは、



"涙のあぶらが足りないタイプ"


です。








涙の水を

つくっているのは

涙腺です。





涙のあぶらを

つくっているのは、

まぶたにある

マイボーム腺です。







涙の表面をおおう

薄いあぶらの層が、

涙を蒸発から

守ってくれています。







マイボーム腺からの

涙のあぶらが

減ってしまっていて、



涙が蒸発しやすくなっている

マイボーム腺機能不全では、



涙のあぶらが足りないタイプの

ドライアイになります。











ドライアイの効果的な

治療のためには、


検査を行い、



◉そもそもドライアイなのか?



◉ドライアイだとしたら、

水とあぶら、

どちらが足りないタイプなのか?



を診断することが大切です。












私が

有田玲子先生の病院で

検査をしていただいた

映像もふくまれている



今週の

YouTubeチャンネル

「眼科医 有田玲子先生の

ドライアイ診察室」



/



保存版!

あなたのドライアイの原因が

わかる!!

世界最先端診断のまとめ



\



ドライアイでお悩みの方は

ぜひご覧ください!














次週は、



有田先生の病院で

私が受けてきた

マイボーム腺関連の治療編

動画が公開予定です!





お楽しみに〜!











#ドライアイ

#マイボーム腺機能不全

#涙のあぶら

#LIME研究会

#目の病気について

#検査


90回の閲覧