検索
  • 福岡詩麻

LIME研究会10周年記念講演会

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。

私が

涙のあぶらの臨床研究をしている

LIME研究会

(Lid and Meibomian Gland Working Group)

は、

まぶたと

涙のあぶらを分泌している

マイボーム腺を専門とする

研究会です。


LIME研究会が結成されて

今年で10年となり

先日、

記念講演会が開催されました!

LIME研究会代表

有田玲子先生

(伊藤医院)から

この10年の歩みとして

マイボーム腺関連疾患の

診断や治療が

できるようになってきたことや

LIME研究会が行った

日本初の

マイボーム腺機能不全の疫学調査

平戸度島スタディー

のお話がありました。

年明けに

マイボーム腺機能不全

診療ガイドラインが

公開予定ですので

これから

この分野が

ますます発展していくことが

期待されます。

つづいて

韓国Yonsei大学の

Kyoung Yul Seo教授

東邦大学医療センター大森病院

堀 裕一教授

京都府立医科大学特任講座

感覚器未来医学構造

木下 茂教授

による特別講演が行われました。

私は

川島素子先生

(久喜かわしま眼科)

といっしょに

司会を務めさせていただきました。

予想をはるかにこえる

280名もの

眼科や獣医師の先生方・

企業の方々に、

オンラインで

ご参加いただきました!

どうもありがとうございました!


今後とも

患者さんのために

LIME研究会の先生方とともに

活動を続けて参りますので

どうぞよろしくお願いいたします。

#学会研究

#LIME研究会

#マイボーム腺機能不全


閲覧数:31回

最新記事

すべて表示