top of page
検索
  • 福岡詩麻

東京大学大学院 医学系研究科 社会予防疫学分野 教授 佐々木敏先生の最終講義でした。

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。

先日、

東京大学の安田講堂で

行われた

東京大学院医学系研究科

社会予防疫学分野 教授

佐々木敏先生の

最終講義に参加してきました。



佐々木先生は、

日本人の食事摂取状況を

調査するための質問票

(食事歴法質問票DHQ、BDHQ)を開発され、

「日本人の食事摂取基準」

の策定にも

関わっていらっしゃいます。

私は

LIME研究会

(Lid and Meibomian Gland Working Group)

の一員として、

涙のあぶらを分泌している

マイボーム腺について

研究しています。

2017年に

長崎県平戸市度島において、

LIME研究会と長崎の先生方で

マイボーム腺機能不全と

ドライアイに関する

疫学研究を実施しました。

そのときに、

マイボーム腺機能不全や

ドライアイと

食事との関係についても

調べたいということになり、

佐々木先生が開発された

食事歴の質問票(BDHQ)を

使用させていただきました。

疫学や栄養学について

全く知識がなかった

私たちでしたが、

佐々木先生に

何から何まで教えていただたことで、

結果を論文として

発表することができました。

共同研究というかたちで

先生に直接ご指導賜れましたこと

深く感謝しております。

先生に教えていただいたことを大切に、

今後も丁寧に臨床研究を

続けてまいります。

どうもありがとうございました。




閲覧数:135回

最新記事

すべて表示
bottom of page