検索
  • 福岡詩麻

ドライアイの治療~涙点プラグ

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。



目薬をしても

目のかわきがよくならない

重症のドライアイの方に


涙点プラグ

を入れることがあります。






涙点は、

両目の目頭の上下にある

小さな穴です。


上下左右の合計で 4箇所の涙点があります。





涙は涙腺でつくられて、


まばたきのたびに

目の表面に分泌されて、


涙点から鼻の方に

流れていきます。




涙点に

栓をすることで、


目から鼻に流れていく

涙の量を減らし、

目の表面にたまっている 水分量を増やすことができます。







写真は

シリコン製の涙点プラグです。



緑と銀色の部分が プラグを涙点に挿入するための

“インサーター”

です。


先端に

1~2 mm程度の

透明なプラグが あらかじめセットされています。


麻酔の目薬を点眼して

涙点を拡張針で少し広げてから

涙点にプラグを入れます。





プラグの効果で

目の調子がよければ、

自然にとれてしまうまで

そのまま入れておきます。


プラグがとれてしまった場合は (脱落といいます)、

希望があればまた プラグを入れ直すことができます。


プラグを入れたことで、


目の表面の

涙の量が増えて

涙目になってしまった場合や、

ごろごろして

異物感が気になる場合は、


プラグを抜けば

もとの状態に戻すことができます。




涙点プラグ挿入を ご希望の方は、

医師またはスタッフにご相談ください。



※当院での

涙点プラグ挿入術は予約制です。


#目の病気について

#ドライアイ

59回の閲覧