• 福岡詩麻

冷たい風にあたると涙が出ます

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。


だんだんと寒くなってきましたね。


冷たい風にあたると涙が出る、目がウルウルするという方は、マイボーム腺機能不全かもしれません。



涙は水とあぶらとムチンでできています。


涙のあぶらは、まぶたにあるマイボーム腺という分泌腺で作られています。

まばたきするたびに、まぶたのフチからあぶらが出てきます。


涙のあぶらが水分の蒸発を防いで、目の表面を守ってくれてくれています。



涙の水とあぶらはバランスをとっています。

(ホメオスタシスといいます)

水が減るとあぶらが増えて、あぶらが減ると水が増えます。


マイボーム腺機能不全になると、なみだのあぶらが出づらくなります。

その分、涙の水が増えて、涙目になるのだということが最近わかってきました。



ご自宅でもできることは、まぶたを温めることです。

まぶたを温めると、あぶらが溶けて出やすくなります。


最近では色々なまぶたを温めるグッズが販売されていますので、試してみてください。




あわせてお読みください。


マイボーム腺機能不全についての記事


マイボーム腺についての記事


今朝の空です。

早起きは気持ちがいいです!


#マイボーム腺機能不全

#なみだのあぶら

#ドライアイ



3,150回の閲覧