• 福岡詩麻

健診で視神経乳頭陥凹拡大といわれたら…


健康診断や人間ドックの眼底写真の判定で「視神経乳頭陥凹拡大」「網膜神経線維層欠損」の疑いといわれたら、それは「緑内障」の疑いがあるので、眼科での検査・診察を受けましょうという意味です。


視神経乳頭は、眼底(眼の奥)の網膜からの信号を脳に伝える網膜神経線維が束(たば)になって集まった部分です。視神経が徐々に減って、網膜での光の感度が低下し、視野(見える範囲)が欠けてくるのが「緑内障」という病気です。視神経乳頭の中央には、正常でも陥凹(へこみ)があります。視神経が減ると、視神経乳頭の辺縁(ふち)が薄くなった分、中央の陥凹(へこみ)が広がって見えます。それが、「視神経乳頭陥凹拡大」です。視神経が減って、網膜の神経線維の束が薄くなった部分は眼底写真では黒っぽく見え、「網膜神経線維層欠損」が疑われます。

緑内障は、40歳以上の約20人に1人の割合でみられると考えられています。日本人の中途失明(人生の途中で見えなくなる)の原因の第1位の病気です。片方の目の視野が多少かけていても、両目で見ているとおぎないあっていて気にならないため、自分では視野が欠けているのに気づかないことがよくあります。

健康診断や人間ドックで異常を指摘されたら、眼科で視野の検査をすることで、早めに緑内障をみつけることができます。近年、光干渉断層計(OCT)という検査装置が普及し、視神経乳頭周囲などの網膜の厚みを調べ、より早い時期に緑内障を見つけることができるようになってきました。眼圧を下げることにより、緑内障が進行しにくくなりますので、できるだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

※院ハンフリー視野検査は予約制です。視野検査をご希望の方はお電話でご相談下さい。

#目の病気について #緑内障 #健診

2,155回の閲覧

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.