• 福岡詩麻

しわに対するボトックス注射


当院では、眉間や目尻などの表情じわに対する

ボトックス注射を行っております。

ボトックス注射は、福岡院長が担当いたします。

⇒福岡院長の診察日については、担当医カレンダーをご覧ください。

しわはなぜできるのでしょうか?

しわは、表情の変化にあわせて筋肉を動かすことが原因でできます。

眉間や額、目尻は顔の表情をつくる表情筋といわれる筋肉によって

日々しわがつくられる部位です。

表情をつくらなくても、うっすらしわが残るような状態では、

ボトックス治療によって、表情筋の動きを抑えてあげる治療が有効です。

年齢を重ねるにつれ、皮膚にしわが刻まれてしまうので、

早めに予防してあげるのが大切です。

ボトックス治療とは

ボトックス治療は、薬を注射 することで、

しわの原因となっている筋肉が収縮する力を弱め、

眉間や目尻の表情じわを目立たなくする治療法です。

治療には、専門的な技術が必要であることから、

当院では、治療の認定を受けた福岡院長が担当しております。

当院の使用薬剤について

当院で治療に使用しているボトックスビスタ®は

国内で唯一、眉間又は目尻の表情じわの治療に使用できる

A型ボツリヌス毒素製剤として、厚生労働省に承認されている薬剤です。


治療の実際

とても細い針を用いて、顔の筋肉に少量の注射をします。

注射特有の痛みはありますが、

通常はそれほど強いものではありません。

注射前に冷却すると痛みは軽減します。

治療後

手術と違い、治療後すぐに通常の生活に戻ることができます。

注射当日は、サウナや長時間の入浴は避けてください。

内出血を起こす可能性があります。

治療後最低1日は、注射部位をもんだり、強くこすったり、

マッサージをすることは避けてください。

注射部位の周りに薬剤が広がって、副作用が出る可能性があります。

注射2週間後に、効果の確認のため診察にいらしてください。

効果は2週間ほどまでに現れ、通常3~4か月間持続します。

効果がなくなると、筋肉は徐々に治療前の状態に戻ります。

新たにしわが増えることはありません。


副作用

主な副作用には、

頭痛、目の異常感、眉毛下垂(眉毛の位置が下がる)、

眼瞼下垂(まぶたがさがる)、注射部位の痛みや赤み、

内出血、筋肉の部分的な脱力、注射部位周辺の腫れ、

皮膚のつっぱりなどが報告されています。

副作用の多くは、薬剤の効きすぎが原因で起こります。

効果がなくなるとともに消えていきます。

注意点

・全身性の筋肉や神経に影響を与える病気

 (重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、

  筋委縮性側索硬化症など)にかかっている方

・妊婦または妊娠している可能性のある方、および授乳中の方

・妊娠する可能性のある方

・過去にボトックスビスタ®を使用してアレルギーを経験した方

・アレルギー体質の方

・喘息などの慢性的な呼吸器疾患や閉塞隅角緑内障のある方

上記に当てはまる方は、治療の適応になりません。

普段服用している薬(特に抗生剤、筋弛緩剤、精神安定剤など)は、

すべて医師にお伝えください。

他の医療施設にてボツリヌス製剤で治療を受けている場合は、

対象疾患及び投与日・投与量を必ずお申し出ください

費用

表情じわに対するボトックス治療は、自由診療です。

注射は予約制です。

ボトックス治療(注射施術当日、2週間後の診察代を含みます)

   眉間・目尻・額のいずれか

           1部位  25,000円

           2部位  40,000円

           3部位  48,000円

初診料(注射の前にカウンセリングのみご希望の場合)

                3,000円

再診料

                1,000円

顔のしわが気になる方、ボトックス治療をご希望の方は、

当院医師もしくはスタッフにご相談ください。

※カウンセリングのみの場合は予約不要です。

 ボトックス注射は予約制ですのでお電話でご予約下さい。


より詳しく知りたい方は…

ボトックスビスタ® 患者様向けサイト

(2019/6/12更新)

#ボトックス

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.