• 福岡詩麻

緑内障の目薬 いつまでつけるのですか?


大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。

「緑内障の目薬を出されているのですが、

これ、いつまでつけるのですか?」

と知りあいの方から相談をうけました。


緑内障と診断されて

緑内障の目薬をはじめたら

毎日、ずっと、ほぼ一生

つづけることが

視野を守るために大切です。

緑内障は、目と脳をつなぐ視神経がいたんで

視野(見えている範囲)が少しずつ欠けて、見えなくなっていく病気です。

緑内障の目薬は

眼圧を下げる目薬です。

緑内障治療の中で、眼圧を下げることが

現在最も効果があるとわかっている治療です。

効果があるというのは、眼圧を下げると

視神経がいたむ速度をゆっくりできます、という意味です。

現在の医学ではいたんでしまった視神経を

復活させたり増やす治療はまだないのです。

一度欠けた視野をもとに戻すことはできないけれど

視野が欠ける速度をゆっくりにできるのが

毎日の目薬なのです。

緑内障の目薬のほかに

内服、レーザー治療や手術治療がありますが

どれも眼圧を下げるための治療です。


自覚症状のない緑内障の方が

忙しい日々の中で時間を作って

眼科に定期的に通院したり

毎日の目薬をわすれずにするのは

むずかしいことがあります。

まずは、ご自分が緑内障になっていて目薬をさしているのか

まだなっていないけど緑内障になりそうだから目薬をさしているのか

を知るのが、第一歩だと思います。

視神経や網膜神経線維が障害されて

傷害された場所に対応する視野も欠けているという状態が緑内障です。

今見えている視野を守るために

緑内障の目薬でしっかり眼圧を下げた状態を保つことが大切です。

最近では、検査機械が発達したことで

視神経や網膜神経線維が障害されているけれど

まだ視野が欠けていないという

前視野緑内障の段階でごく早期に発見されて

目薬がはじまる場合も出てきています。

緑内障になっていないけれど目薬が処方されたという場合

高眼圧症、神経はまだいたんでいないけど眼圧が高いので

今後緑内障にならないように、予防のためということがあります。

何らかの原因があって一時的に眼圧が高くなっている場合、

病状がよくなったら目薬が必要なくなることもあります。

ずっと眼圧が高い場合は、緑内障の方と同じように

ずっと目薬が勧められる場合もあります。

病気について、治療について

知って、理解して、納得して

自分で点眼をしようと決めて

自分のために毎日の点眼をつづけることが

大事だと思います。

毎日の緑内障の目薬は

今日の自分のためだけの目薬ではなく

未来の自分のための目薬です。

ご質問やお悩みがあるときは、なんでもお伝えください。


ハンフリー視野検査は予約制です。視野検査をご希望の方はお電話で予約をして下さい。

緑内障についてはこちらもご覧ください。

#緑内障 #目の病気について

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214