検索
  • 福岡詩麻

コンタクトレンズがずれて、どこに行ったのかわかりません!

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。







「コンタクトレンズが

目の中でずれて

どこに行ったのかわかりません!」



という方が、

今週は何人も

受診されました。






ソフトコンタクトレンズの場合は、



「レンズをはずした覚えがないのに、

レンズがみあたりません」



「目の中で破れた

レンズの一部分が出てきました。

まだレンズのほかの部分が

残っているかわからないので

心配です。」



という方が多いです。




レンズ外したと思って

次のレンズを入れたら、

前のレンズが上まぶたの奥に

もう一枚入っていた

という患者さんも

以前いらっしゃいました。





ハードコンタクトレンズの場合は、



「レンズがずれてしまって

戻そうとしているうちに

どこかにいってしまいました。

目に違和感があります。」



という方が多いです。






どちらの場合も

まぶたをめくって

はじのほうまで

レンズがないか探します。





レンズが見つかったら

点眼麻酔をしてから、



ソフトコンタクトレンズでは

ピンセットで、



ハードコンタクトレンズでは

スポイトで、



レンズを外します。









ソフトコンタクトレンズは

違和感が出づらく、

まぶたの下に入り込んでしまうと

気づかないことがあります。



ハードコンタクトレンズは

結膜(白目)に吸盤のように

はりついてしまって

取りづらいことがあります。







ご自分でがんばってみても

レンズがみつからない場合、

レンズがあっても外れない場合は

眼科に受診して

診てもらってください。



#コンタクトレンズ










491回の閲覧