• 福岡詩麻

まぶたのヘルペス

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。



最近、まぶたのヘルペスの

患者さんがよく受診されます。








ヘルペスといえば、

口唇ヘルペスを思い浮かべる方が

多いと思いますが、

まぶたにも炎症を

おこすことがあります。





病名は、

眼瞼ヘルペス

もしくは、

ヘルペス性眼瞼炎(がんけんえん)

です。





まぶたが腫れて、

ピリピリする方もいれば、

さほど痛みはないですが

かゆみがあるという方もいます。





水疱をともなう皮疹

(へこみのある

赤くてもりあがったブツブツ)が

特徴的です。



発症初期で

皮疹が1〜2個しかないと

診断がむずかしいことがあります。







原因としては、

⚫︎単純ヘルペスウイルス

によるものと、

⚫︎水痘・帯状疱疹ウイルス

によるものがあります。





帯状疱疹が顔面、

とくに額からまぶた、鼻まで出ると、

眼球にも病気が出て

重症になることがありますので

注意が必要です。





まぶたのヘルペス

アトピー性皮膚炎の

患者さんでも

重症になったり、

繰り返すことがあります。







治療は、

ウイルスに効く

眼軟膏や飲み薬です。



帯状疱疹では

入院して点滴が必要になる

こともあります。







まぶたのヘルペスは

まぶただけでなく、

目の表面や目の奥にまで

病気が広がることも

ありますので、



まぶたの腫れや痛み、

ブツブツが気になる方は

眼科か皮膚科の

早めの受診をおすすめします。





#目の病気について

#ヘルペス

18回の閲覧

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.