• 福岡詩麻

ハードコンタクトレンズによる眼瞼下垂症

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の福岡詩麻です。


ハードコンタクトレンズを長年使っていると、まぶたが下がってきて開きづらくなる「眼瞼下垂症」になることがあります。



ハードコンタクトレンズによる眼瞼下垂の原因として、コンタクトレンズを外すときにまぶたを目尻の方にひっぱると、まぶたの構造が少しずつにのびてしまう可能性や、ハードコンタクトレンズの縁または表面による刺激で上まぶたに慢性的な炎症がおこる可能性が考えられています。



ハードコンタクトレンズご使用中の方に、眼瞼下垂予防のために今からでもできることが3点あります。


◎まぶたの目尻側をひっぱりまばたきをすることではずすのでなく、コンタクトレンズ外し専用のスポイトを使用する

◎装用時間を短めにする

◎レンズの縁がなめらかで薄いものを選ぶ


眼瞼下垂症になってしまうと、手術でしか治りませんので、なってしまう前の予防が大切です。

少々めんどうと感じるかもしれませんが、大事なまぶたに負担をかけないようにしてあげてください。



眼瞼下垂手術後に再度ハードコンタクトレンズをご使用いただくことは可能ですが、

眼瞼下垂が再発・進行する可能性が高いので、おすすめはしておりません。



眼瞼下垂症かなと思われる方、手術をご希望の方はご相談ください。

⇒福岡院長の診察日については、担当医カレンダーをご覧ください。


眼瞼下垂症についてはこれまでの記事もご覧ください。


#眼瞼下垂

#コンタクトレンズ

#ハードコンタクト

#目の病気について

#予防

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214