• 福岡詩麻

霰粒腫 切らないで治す! 日本眼科手術学会 教育セミナー


こんにちは

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。

2019年2月1~3日に、

パシフィコ横浜で行われている

日本眼科手術学会総会の教育セミナーで、

“霰粒腫(さんりゅうしゅ) 切らない治療”について

お話させていただきました。

霰粒腫は、

マイボーム腺というまぶたにある

あぶらの腺がつまってできるしこり(肉芽)です。

以前のLIME研究会のマイボーム腺講習会でも

慶応大学の野田実香先生と

“霰粒腫 切って治すか、切らないで治すか”をテーマに

ディベートさせていただく機会がありましたが、

  ⇒マイボーム腺講習会の記事

今回は、こともあろうに、

手術をたくさんされている眼科の先生方が集まる

日本眼科手術学会で、

切らない、手術しないお話をすることになったのです!

慶応大学の野田実香先生と

埼玉医大医療センター教授の小幡博人先生が座長をされ、

野田先生、小幡先生、井出眼科病院の水戸秀哲先生が、手術で治療する派

伊藤医院の有田先生と、わたし福岡が、切らないで治療する派

ということで、霰粒腫について

いろいろな方向から検討したり、討論したり、

90分があっという間でした。


左から小幡先生(埼玉医大)、

有田先生(伊藤医院、LIME研究会)、

野田先生(慶応大)、

福岡、

水戸先生(井出眼科医院)


霰粒腫の治療法としては、

温存療法、ステロイド注射、点眼・軟膏、切除術があります。

温存療法は、

患者さんご自身にご自宅で行っていただくマイボーム腺のケア

“マイボケア”である温罨法(あたためる)、

リッドハイジーン(まぶたの縁をきれいにする)が主になります。

温存療法は古くからある治療法ですが、

霰粒腫に一定の効果がある(治癒率30-80%)と報告されています。

ご自分で行っていただくケアですので

根気と時間は少々必要ですが、

痛くなく治したい方、

霰粒腫がたくさんできてしまう方、

まぶたの炎症(眼瞼炎)がある方、

デモデックス(まつげダニ)がいる方の再発予防にも

効果が高いことが最近報告されています。

一度、霰粒腫になってしまうと、

その部分のマイボーム腺は

破壊されてしまって復活しません。

マイボーム腺は涙のあぶらをつくる

大事な組織です。

霰粒腫ができやすい方は、

予防のために、温罨法・リッドハイジーンを

おすすめします。

ステロイド注射は、

欧米では霰粒腫の主流の治療で、

治癒率は60-90%で、切除術と同じ程度とされています。

手術はしたくないけど、早く小さくしたい方におすすめです。

注射をしても、しこりが残ることがあるのと、

少し経つとまた同じ場所にでてくることがあります。

注射後、ステロイドのかたまり残り、

皮膚側から透けてみえることがあります。

注射が効かない場合は、手術が必要になる場合があります。

霰粒腫でも、大きさや場所によっては、

視機能に影響したり、瘢痕(あと)が残ることがあります。

また、霰粒腫のしこりのようにみえても、

中には脂腺癌など別の病気のことがあるので、

手術をしてしっかり切除したほうがよいことがあります。

患者さんのために、

霰粒腫について

もっと知りたい!、治したい!という

あついあつい想いを持った先生方との教育セミナーで、

霰粒腫について、さらに深く学ぶことができました。


※当院では、霰粒腫の温存療法だけでなく、

ステロイド注射、切除術も行っております。

温存療法、ステロイド注射をご希望の場合は、予約はいりません。


ステロイド注射ご希望の方は、福岡の日に受診してください。


切除術は一度受診して診察させていただいてから、

別の日に予約になります。

濱田先生もしくは福岡の日に受診してください。


お子さんに対するステロイド注射は行っておりません。

小さなお子さんで手術が必要な方は、

専門の先生をご紹介させていただきます。

担当医カレンダーはこちら


※霰粒腫とにたようにまぶたが腫れる、

いわゆる「ものもらい」の麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、

まぶたの縁にあるあぶらの腺に細菌が感染しておこります。

麦粒腫の主な治療は抗生剤です。重症の場合は切開です。




あわせてご覧ください。


霰粒腫切って治す?切らないで治す?

霰粒腫治療のまとめ


マイボーム腺講習会

霰粒腫、大きく切るか、温存するか


2019年院長ブログ1位の記事は!今年のまとめ



切らないで治す霰粒腫の保存療法 LIME研究会ホームページ

霰粒腫について、

LIME研究会のホームページ に

詳しく書きました



#ものもらい #目の病気について #学会研究

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.