医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

  • 福岡詩麻

近視進行予防のサプリメント~クリアビジョンジュニアEX


お子さん、若い方の近視が年々増えてきています。

最近の統計では、高校生の6割以上、中学生の5割以上、小学生の3割以上が視力1.0未満であると報告されています。(文部科学省 平成29年度「学校保健統計調査」)

近視の程度が強い「強度近視」の有病率は、40歳以上で5%程度と推定され、強度近視は、失明原因の一つとなっています。


以前から、近視には遺伝が関係すると考えられていましたが、遺伝だけでなく生活習慣も関わることがわかってきています。

両親が近視でも、1日2時間以上屋外で過ごす子は近視になりにくく、屋外で過ごすことが近視の予防になるということです。

しかし、最近では、子どもたちが外遊びやスポーツをする時間は減ってきています。


慶應義塾大学近視研究チームは、太陽光に含まれるバイオレットライト(波長域360-400 nmの紫色の光)に近視進行抑制の効果があることを発見しました。

近視に関係する可能性のある遺伝子もみつかってきています。

バイオレットライトが、近視進行を抑制するメカニズムとして、EGR1(early growth response 1)遺伝子の発現が増えていることが

確認されたそうです。


食品成分をいろいろ調べたところ、「クロセチン」という成分が、EGR1遺伝子の発現量を増やすことがわかりました。

クロセチンは、くちなしやサフランに含まれる黄色い色素成分で、栗きんとん、パエリア、タクアンや冷やし中華の黄色はクロセチンによるものです。

近視は、眼軸(眼の奥行き)が伸びることで進みます。

クロセチンは近視誘導モデルのマウスで眼軸長の伸びをおさえて、近視の進行(屈折度数が近視化)をおさえることが慶應義塾大学の研究グループから報告されています。



大宮はまだ眼科西口分院併設の三橋コンタク堂西口営業所では、クロセチンが含まれる子ども用のサプリメントの取り扱いを開始しました。

ロート

 クリアビジョンジュニアEX

 クリアビジョンジュニア


ご興味のある方は、スタッフまでお問い合わせください。

#目の病気について #学校健診 #近視


2019/9/10 更新