• 福岡詩麻

治療や通院の重要性を患者さんにどう伝えるか

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。


今日は

オンラインの研修会で

ドライアイと

マイボーム腺機能不全の

おはなしをしてきました。

講演後に

「患者さんに

点眼の回数を

守っていただけるように

どう伝えていますか?」

「治療をつづけることの

重要性を

どう伝えていますか?」

というご質問いただきました。

薬や通院を

続けるには

医者に言われたから…

というだけではなく

「自分の目の具合が

よくなるために

これは必要な治療なのだ」

「通院することで

目の具合が落ち着いていると

確認できるから安心だ」

などと

患者さんご自身が思えることが 大事ですよね。



ご質問いただいたことで、 あらためて考える よい機会になりました。

これからも

患者さんに

どうお伝えするか?

を大切にしながら

診療していきたいと思います。


#勇気づけ

44回の閲覧