検索
  • 福岡詩麻

マイボーム腺機能不全に対するIPL治療の論文が公開されました

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。



AQUA CEL(アクアセル)とM22という

ふたつの医療機器で

マイボーム腺機能不全の

患者さんに

IPL (Intense Pulsed Light)治療を

行った研究結果について

LIME研究会

有田玲子先生といっしょに

執筆させていただいた論文が

Journal of Clinical Medicine

という医学雑誌に掲載されました!


Comparison of Intense Pulsed Light Therapy on Patients with Meibomian Gland Dysfunction Using AQUA CEL and M22 Devices

Fukuoka S, Arita R.

J. Clin. Med. 2022, 11(15), 4265; https://doi.org/10.3390/jcm11154265





マイボーム腺機能不全だと

涙のあぶらの足りないタイプの

ドライアイになります。


M22は

日本では2013年から

皮膚科の美容領域で使用されており、

眼科での使用は2016年からです。


一方

AQUA CELは

日本で認可され

眼科で使用されはじめたのが

昨年2021年からです。




従来からのM22と

新しいAQUA CEL

どちらの機器でも

まぶたに光をあてる

IPL治療を行うことで

患者さんの自覚症状や

マイボーム腺やドライアイ関連の検査結果が

同じくらい改善していました。




IPL治療は


・まぶたのあぶらが溶けて出やすくなる

・まぶたの縁の炎症が減る

・睫毛ダニ(デモデックス)が減る


などの効果があると考えられています。



↑ 写真はこの論文の内容を 2月の角膜カンファランス(学会)で 発表させていただいたときのものです。


私自身、

有田先生に両方の機器で

IPL治療をしていただいた経験があり

当院でも

AQUA CELで

IPL治療を行なっております。

この論文が

ドライアイや

マイボーム腺機能不全で

目がつらい患者さんたちの

治療のお役にたてますように。



インターネットで

無料でご覧いただけますので

ご興味のある方はお読みください。

⁡JCM | Free Full-Text | Comparison of Intense Pulsed Light Therapy on Patients with Meibomian Gland Dysfunction Using AQUA CEL and M22 Devices (mdpi.com)






ドライアイ・マイボーム腺機能不全 に対するIPL治療は 福岡院長が担当いたします。

予約制です。

詳しくはこちらをご覧ください。

⁡>>Intense Pulsed Light (IPL)を用いたドライアイ・マイボーム腺機能不全の治療 (omiya-hamada-west.com)


⇒福岡院長の勤務日は、

担当医カレンダーをご確認下さい。




#学会研究

#IPL

#マイボーム腺機能不全

#ドライアイ

閲覧数:66回