検索
  • 福岡詩麻

眼瞼下垂手術 お手伝いの日でした

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。



火曜日は、

3ヶ月に一度の

眼瞼下垂手術

お手伝いの日でした。

宮田信之先生(岡田眼科)の

炭酸ガスレーザーを使用した

眼瞼下垂手術の

助手につかせていただいて

勉強してきました。

眼瞼下垂の手術は、

伸びてしまった

まぶたの筋肉を

縫いちぢめて

まぶたを開きやすくする手術です。

去年から

皮膚や眼輪筋

(まぶたを閉じる筋肉)の

切除なし、

もしくは

最小限の切除にとどめる

手術をされています。

「宮田先生がサラッと

当たり前のようにされることも

いざ自分でやろうとすると

けっこう

難しいんですよね〜」

と、もうひとりの先生と

お話していたら

あとで

宮田先生が

「試行錯誤しています」

とおっしゃっていました。

患者さんのために

よりよい手術をしたいと

常に努力されているから

こそなのですよね。

今回も

たくさんの学びを

ありがとうございました。

#眼瞼下垂

閲覧数:108回