• 福岡詩麻

眼瞼けいれんに対するボトックス治療


当院では、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)に対する

ボトックス注射(ボツリヌス治療)を行っております。

福岡院長が担当いたします。

⇒福岡院長の診察日については、担当医カレンダーをご確認下さい。

眼瞼けいれんとは

眼瞼けいれんは、

目をとりかこむ「眼輪筋(がんりんきん)」という筋肉が、

自分の意思に関係なく力が入ってしまい、

自由に目を開けることがしにくくなったり、

まばたきが増えたりする病気です。

男女比はおよそ1対2.5~3で女性に多く、

40歳~50歳以上の方にみられます。

眼瞼けいれんの原因

眼瞼けいれんの原因は、

脳の神経回路の不調にあると考えられています。

発症のきっかけとなる危険因子として、

心理的ストレス、遺伝的素因(家族性)、

加齢、薬物の使用、化学物質への暴露などがあげられます。

特に、向精神薬、抗不安薬、睡眠導入薬などによる

薬物性眼瞼けいれんが多くみられます。

眼瞼けいれんの症状

「まばたきが多い」、「まぶしい」といった症状から始まり、

「目をつぶっていたほうが楽」「目を開いていられない」

「片目をつぶってしまう」などの症状が多くみられます。

症状が重くなると、まぶたが開かなくなって、

目が見えない状態にまで進んでしまい、

日常生活や仕事に支障をきたすことがあります。


眼瞼けいれんの治療

心身の安静、サングラス装用や点眼薬の使用で、

ある程度症状が軽減することがあります。

薬剤性の場合、原因となっている可能性のある薬を減量、中止します。

他に、内服薬、顔面神経ブロック、手術などがありますが、

眼瞼けいれんを根治的に治す方法は残念ながらありません。

現在では、ボトックス注射(ボツリヌス治療)が第一選択となります。

ボトックス注射とは

ボトックス注射(ボツリヌス治療)は、

筋肉が収縮する力を弱め、けいれんをやわらげる治療法です。

ボツリヌス菌の作り出すA型ボツリヌストキシン(天然のタンパク質)を

有効成分とする薬剤を注射し、目をつぶる力を弱めます。

ボツリヌス菌を注射するわけではありませんので、

ボツリヌス菌に感染するといった危険性はありません。

専門的な技術が必要であることから、治療の認定を受けた福岡院長が担当いたします。

⇒福岡院長の診察日については、担当医カレンダーをご確認下さい。

ボトックス注射の実際

とても細い針を用いて、けいれんしている筋肉に少量注射をします。

注射特有の痛みはありますが、通常はそれほど強いものではありません。

注射前に冷却すると痛みは軽減します。


治療後

効果は2週間ほどで徐々に現れ、2~4か月間程度持続します。

効果には個人差があります。

効果がなくなると、筋肉は徐々に治療前の状態に戻り、症状が再び現れてきます。

副作用

頭痛、眼瞼下垂(まぶたがさがる)、兎眼・閉瞼不全(まぶたがとじない)、

流涙(なみだが出る)などが報告されています。

いずれも効果がなくなるとともに消えていきます。

費用

眼瞼けいれんに対する治療は、保険適応となります。

治療費は3割負担の方で17,000円程度です。

注意点

筋肉や神経に影響を与える病気(重症筋無力症、

ランバート・イートン症候群、筋委縮性側索硬化症など)の場合は

ボツリヌス治療を受けることができません。

妊婦または妊娠している可能性のある方、

および授乳中の方はボツリヌス治療を受けることができません。

普段服用している薬は、すべて医師にお伝えください。

他の医療施設にてボツリヌス製剤で治療を受けている場合は、

対象疾患及び投与日・投与量を必ずお申し出ください。


眼瞼けいれんに対するボトックス注射 (ボツリヌス治療)をご希望の方は、

当院医師もしくはスタッフにご相談ください。

※初診日当日の注射はできません。ボトックス注射は予約制です。

⇒福岡院長の勤務日は、担当医カレンダーをご確認下さい。

もっと詳しく知りたい方は…

日本眼科学会ホームページ 眼瞼けいれんと顔面けいれん

GSKホームページ 眼瞼痙攣

GSKホームページ 患者さん向けサイト

(眼瞼けいれん・片側顔面けいれん)病院検索

#ボトックス #目の病気について

TEL 048-788-1204

医療法人大宮はまだ眼科西口分院

〒330-0854 

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-169-1

FAX 048-788-1214 

Copyright© OMIYA HAMADA EYE CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.