top of page
検索
  • 福岡詩麻

新型コロナウイルス感染による結膜炎


こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院

院長の福岡詩麻です。



新型コロナウイルス感染症

(正式名称coronavirus disease 2019、

略してCOVID-19)のため、


本日(2020/2/27)から

東京で開催予定だった

角膜カンファランス2020

(角膜専門の眼科学会)の

延期が2日前に決まりました。



私も学会発表予定でしたが

時間があいてしまったので、

なにか出来ることはないかと思い、

新型コロナウイルスの結膜炎についての

記事を書くことにしました。


以下、2020/2/28時点での内容になります。

⇒2020/12/26更新しました。







<結膜炎とは>

結膜炎は、白目の炎症です。

白目が充血して赤くなり、

めやにが出たり、涙が出たりします。

まぶたが腫れることもあります。




<新型コロナウイルス感染による結膜炎>

新型コロナウイルスに感染すると、

初期症状に「結膜炎」を発症する

可能性があるといわれています。


すなわち、

眼科に受診した時点では、

結膜炎のみの症状や所見

(めやにや充血)しかなくても、

実は新型コロナウイルスに感染していて、

後日、発熱や咳、息切れ、倦怠感

といった症状が出て肺炎と診断され、

検査してはじめて

新型コロナウイルスに感染していたことが

わかる場合があるということです。



くわしい所見と症状については

こちらをご覧ください。





ただ、今のところ、

新型コロナウイルスが

目に病気をおこすのは目の表面のみのようです。


眼底(眼の奥)にまで

感染が広がったという報告はありませんので

後遺症として視力に影響が出るようなことはなさそうです。




<診断方法>

現在、

新型コロナウイルス診断のための検査は、

鼻腔咽頭ぬぐい液や痰などを検査材料として

遺伝子増幅法(PCR)が行われています。


新型コロナウイルスに対する

簡易検査キットはまだ販売されておらず、

眼科で、結膜炎が新型コロナウイルスに

よるものかどうかの診断はできません。



今の季節は花粉症で

アレルギー性結膜炎の方が多い時期です。


また、細菌性結膜炎の場合もあれば、

普通のウイルスによる風邪でも

結膜炎症状が出ることもあります。


アデノウイルスによる流行り目

(流行性角結膜炎)の

患者さんも意外にいらっしゃいます。

(アデノウイルスは

簡易検査キットがあります)



現時点では、

新型コロナウイルスによる結膜炎と、

他の結膜炎との区別が

できないというのが眼科での現状です。



くわしい所見と症状、

ウイルス検出時期については

こちらをご覧ください。




<治療>

新型コロナウイルスによるそのものに効く

抗ウイルス薬はまだ確立していません。


新型コロナウイルスに効く点眼も

わかっていません。




結膜炎の症状が出て

眼科を受診した場合、


細菌性であると判断されれば、

抗生剤点眼が処方されます。


また、ウイルス性と考えられた場合でも

さらに他の細菌に感染(二次感染)するのを

予防する目的で、

抗生剤点眼が処方されることがあります。


めやにや充血などの症状を

やわらげるために、

対症療法として、

炎症をおさえる点眼が

処方されることがあります。




自分自身の身体の中で

新型コロナウイルスに対する

抗体が作られると、

自分の免疫力がウイルスを排除してくれて、

結膜炎も治ることになります。






<自分でできる予防と対策>

自分でできる結膜炎予防


★目の周りを触ったり、こすったりしないようにする。


実際に徹底するのは

簡単ではないかもしれないですが、

大事なことだと思います。




結膜炎と診断された場合


★めやにや涙が出たら、ティッシュで拭いて、その場ですぐ捨てる。

(ハンカチは使わない。一度使ったティッシュは繰り返し使わない。)



★目の周りやめやに、涙に触れたら、周りをさわる前に手を洗う。


★目薬をする前、した後に、よく手を洗う。



新型コロナウイルスに限らず、

まわりの方に結膜炎感染を広げないために、

ご配慮ください。




<その他の質問>

「ウイルスを洗い流すために

たくさん目薬をさすといいですか?」

というご質問を受けました。



明らかに目の中に、

咳やくしゃみによる

唾液や鼻水が入ったのであれば、

よく目を洗っていただいたほうが

いいと思います。



それ以外の場合、

感染予防の目的で

大量の目薬で目を洗ったり、

1日に何度も何度も目薬をすることは

おすすめしません。


大量もしくは頻回の目薬によって、

目の表面を守っている涙を

洗い流してしまうことになります。


その結果、

感染に対するバリアの働きをしてくれている

角膜(黒目)や結膜(白目)の表面に

細かい傷を作ってしまって、

むしろ感染しやすくなる可能性もあると思います。




一番は、基本的なマスク着用や手洗い、

咳エチケットが大切です。




<最後に>

眼科を受診される際は

症状にかかわらず

マスク着用をお願いします。



結膜炎症状、風邪症状がある場合は

受付で必ずお知らせください。





<参考>







American Academy of Ophthalmology


American Optometric Association




#目の病気について #新型コロナウイルス #結膜炎

閲覧数:29,028回

Comments


bottom of page