検索
  • 福岡詩麻

角膜カンファランス2022 発表~M22とAQUA CELによるIPL治療

こんにちは。

大宮はまだ眼科西口分院の

福岡詩麻です。





2022年2月12日は

角膜カンファランス2022

(日本角膜学会)の

学会発表の日でした。




私からは、

M22と AQUA CEL(アクアセル)という

ふたつの医療機器で、

マイボーム腺機能不全の

患者さんに

IPL (Intense Pulsed Light)治療

を行なった研究結果について

お話させていただきました。


マイボーム腺機能不全だと、

涙のあぶらの足りないタイプの

ドライアイになります。

IPL治療により

患者さんの

・ドライアイの自覚症状


・まぶたの炎症


・涙の安定性(涙の蒸発のしやすさ)


・目の表面のキズ


・涙のあぶらの分泌

が、M22とAQUA CEL

どちらの機器でも

同じくらい改善していました。


↑ 会場の音楽堂は クラシックのコンサートホールです。 スクリーンの後ろには パイプオルガンがあります。






今回、

精選演題

Selected papers in English

に選んでいただいて

英語での発表でしたので、

久しぶりに

学会にリアルで参加するために

金沢の石川県立音楽堂まで

行ってきました。

共同演者の

有田玲子先生(LIME研究会、伊藤医院)を

はじめとする

たくさんの方々に

応援いただいて、

無事発表が終わりました。


↑ お役目が無事終わりました~。




リアル参加の先生方の人数は

限られていましたが、

学会を主催する先生方や

スタッフの方々の

細やかな気配りが感じられる

いい学会でした。

どうもありがとうございました!!




↑ 金沢駅前の鼓門ともてなしドーム


ライトアップされて

夜もきれいでした!








<関連記事>


Intense Pulsed Light (IPL)を用いたドライアイ・マイボーム腺機能不全の治療


当院では、AQUA CELによる IPL治療を行っております。 自由診療で予約制です。


IPLの記事一覧


ドライアイの記事一覧


マイボーム腺機能不全の記事一覧





#学会研究

#IPL#ドライアイ

#マイボーム腺機能不全

#目の病気について

閲覧数:125回